コインパーキングを知る

土地オーナーがコインパーキングの経営を始める

土地オーナーがコインパーキングの経営を始める 土地オーナーにとって、空いている土地の活用方法は考えどころです。
以前は商業施設やアパートを建築し、経営するのが一般的でした。
しかし不況が長引いた影響でテナントや入居者の見込みは不透明、建物の建築費分がいつ回収できるかがリスクになっています。
そこで注目されているのが、空き土地をコインパーキングに転用する事。
オーナー自らが経営に携わる事で、大きな利益を得られる可能性もあります。
コインパーキングのメリットはいくつかあります。
まず建物の必要がなく精算機などを設置するだけなので、工事期間が短くスピーディーに開業可能です。
また店員のようなスタッフを雇わなくて良いため、人件費と労務関係のわずらわしさからも解放されます。
さらに精算が現金で即時行われる事から、悩みのタネである家賃や売掛金の回収が不要になります。
他の業態に比べ、経営にかかる手順とコストが少ない所が魅力です。
土地オーナーがコインパーキングを始める際の注意点は、所有する土地に駐車のニーズがあるかどうか。
車があまり出入りせず稼働率が悪いと、赤字になってしまうケースもあります。
また周辺にも同じようなパーキングがあった場合、価格競争になって想定した収益があげられない事も。
そこは管理運営を専門に行う会社があるので、相談しながら検討準備を進めていくと良いでしょう。

コインパーキングを経営する前に必要な事前調査

コインパーキングを経営する前に必要な事前調査 土地さえあれば簡単に始められる資産運用ということで、コインパーキングを始めようという土地オーナーは多いです。
しかしいくら初期投資が少ないといっても、収益が上がらなければやる意味がありません。
そのためその土地でコインパーキングを行う際に、どうすれば収益を最大化できるか、そもそも集客できるのかといったことを最初にある程度考えておく必要があります。
具体的な事前調査の項目は、土地の形状や近隣の環境、交通量、競合状況などです。
コインパーキングに限らず駐車場経営全般この調査は必須です。
これらの調査を行った結果、コインパーキングが最良と判断されればそれで良いですが、ときには別の形態の駐車場経営の方が良い、そもそも駐車場経営にはこの土地は向かない、といった調査結果が出るかもしれません。
自分自身で前例等調べながら考えることはもちろん必要ですが、パートナー会社選びも重要です。
大手だから良いということではなく、自分の土地の状況に合ったパートナー会社を選ばなければなりません。
これに関してはネットの口コミや、そのパートナー会社の前例を見るのが良いでしょう。
当たり前ですが、パートナー会社に事前相談するのは良いのですが、どこのパートナー会社にするか迷っていると言えばアピールされる可能性があります。
なので自分で調べておくのが良いです。

コインパーキングオススメリンク

全国700ヶ所(管理台数約3万台)の駐車場・コインパーキングを運営・管理しております。

コインパーキング 経営

copyright (C) 2016 コインパーキングの経営術 all rights reserved.